消費者金融利用者は、全国で1,400万人だそうです。
複数の消費者ローンから借金をして、返済困難になってしまっている、いわゆる「多重債務者」と呼ばれる人たちが、200万人以上いるそうです。

多重債務者の中には、金融業者の厳しい取り立てなどで、ノイローゼになったり自殺をするというケースも多くなり、深刻な社会問題にまで発展しています。
このような、多重債務を解消することを、「債務整理」といいます。

スポンサードリンク

多重債務の整理

債務整理の方法としては、「特定調停」、「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」という4つの方法があります。

このうち、自己破産は、最終的な手段として、よく知られているものです。
どの方法を選ぶかは、多重債務者の借り入れの状況などによって違いますが、いずれにしても、債務者に一番有利な方法をとることになります。

借入金の利率で、「グレーゾーン」金利というのがありますが、これは支払う義務はないので注意しましょう。

「利息制限法」では、元本100万円以上の場合は年15%で、10万円以上100万円未満は18%、10万円未満は20%と、利息の上限が決められており、これを超えるような利息は無効となるので、支払う義務はないのです。

しかし、一方「出資法」では、利息の上限が29.2%と定められております。
この「利息制限法」と「出資法」との間の利息を、「グレーゾーン」金利と呼んでおり、多くの消費者金融業者は、このグレーゾーン金利にあたる範囲で貸付をしているわけです。

出資法を超える金利には刑事罰がありますが、グレーゾーン金利での貸付に対しては貸した側の請求や受取りに対しての罰則はありません。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

多重債務相談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://sodan.fo20.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。